ビットコインに思わぬ「ギリシャ需要」

1年半ぶり長期連続上昇へ

 6月16日、仮想通貨「ビットコイン」が一時7%上昇した。写真はパリで5月撮影(2015年 ロイター/Benoit Tessier)

[ロンドン 16日 ロイター] - 16日の取引で、仮想通貨「ビットコイン」が一時7%上昇。昨年1月以来1年半ぶりの長さとなる6営業日連続で上昇する見通しだ。ギリシャのユーロ圏離脱に対する懸念から、投機筋や同国預金者から買いが入っている。

大手取引所、ビットスタンプで、ビットコイン<BTC=BTSP>は一時約2カ月ぶり高値の252.05ドルをつける場面があった。その後、やや値下がりしたものの、約4%高の245.21ドル付近で推移した。

市場関係者の1人は、当局への信頼感が薄れ、ギリシャの投資家らがビットコインに買いを入れていると指摘した。

別の関係者は、ギリシャのユーロ圏離脱や、資本規制導入への懸念が、ビットコイン相場を押し上げる可能性もあるとみる。

市場では、ユーロ圏離脱を回避するため、ギリシャがビットコインのような仮想のパラレル通貨「デジドラクマ」を導入し、年金受給者や公的部門の労働者への支払いに使う可能性があるとの見方も出ている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT