松山英樹「米ツアー大逆転V」で手にした驚きの賞金 "日給"は57万ドルでドジャースの大谷を上回る?

✎ 1〜 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 113 ✎ 114
拡大
縮小
松山英樹選手
2024年2月18日、アメリカ・カリフォルニア州パシフィック・パリセーズのリビエラ・カントリークラブで開催されたジェネシス・インビテーショナルの最終ラウンドを終え、トロフィーを手にポーズをとる松山英樹(©Brenton Tse/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ)

油断していると、スポーツは何が起こるかわからない。ゴルフファンにとっては、2月19日(現地時間18日)がそうだったのではないだろうか。

米ツアー「ジェネシス招待」で、松山英樹(31)が首位と6打差7位でスタートした最終日に、3連続バーディーを3回マークし、9アンダー62という驚異的なスコアを記録。通算17アンダーとして、逆転優勝を飾った。

松山にとっては2022年1月の「ソニーオープン」以来の米ツアー9勝目。K.J.チョイ(崔京周、韓国)と並んでいたアジア選手最多8勝を更新して、最多勝保持者となった。

報道によると、本人は「これ以上望めないラウンドだった」と振り返り、自身の財団がこの大会をサポートしているホストプロのタイガー・ウッズからは「とてつもない勝利だ」と祝福されている。

1試合で400万ドル

大逆転優勝にもびっくりさせられたが、獲得した優勝賞金額にはもっと驚かされた。1試合で400万ドルを手にしたというから、今の円安水準でいくと、約6億円ということになる。

今年は、メジャーリーグの大谷翔平がロサンゼルス・ドジャースと10年7億ドルという、スポーツ選手としては史上最高契約金が話題になった。メディアでは「日給がいくら」とか、「時給換算したら」といった記事でにぎわっていた。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT