借金9億円を返済した2代目社長のすごい手腕 アウェーの中で社内改革を進めた工夫とは

拡大
縮小

一発当てれば返せるなんていう話になったときには、「そんなの小学校の運動会の一等賞みたいなもの。そんなセピア色の写真を大事にしていてもダメでしょ。今は撮った瞬間にカラー写真で出てくる時代なんだから」とよく言っていました。私は、昔の栄光にすがっているのは、かっこ悪いと思っているのです。

過去の成功体験が忘れられない

一度成功を手に入れると、「成功の囚人」になるといいます。成功するとそれが忘れられず、同じやり方ばかり選択してしまいます。そのほうがラクだからです。

でも、時代は流れるから成功も長くは続きません。それでも成功が忘れられないでいると、新しいやり方を採用できなくなっていきます。自分から牢屋に入っていって出ようともしない。扉は空いているのに、です。

過去に一瞬儲かった時期があるので、その経験が忘れられないのでしょう。ただ、それも一時的なもので、大きな現場は手間がかかるので人件費もかさんでいたでしょうから、利益としてはそれほど残らなかったはずです。

つまり、売り上げが一貫してそれなりにあったのですが、どんぶり勘定になっていたために高コスト体質になっていたのです。だから利益が残らず、借金だけが増えていました。贅肉ばかりついていたから、筋肉質なものに体質改善しようというのが、私が行った改革でした。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT