ウクライナ、ロシアの「本格侵攻」を警戒

大統領が軍に対して備えを呼びかけ

 6月4日、ウクライナのポロシェンコ大統領は、ウクライナ領内には現在、約9000人ものロシア兵がいる、としたうえで、ロシアから「本格的な侵攻」を受ける恐れがある、と強い警戒感を示した。写真はウクライナの軍用車両。ウクライナ東部で2月撮影(2015年 ロイター/Gleb Garanich)

[キエフ 4日 ロイター] - ウクライナのポロシェンコ大統領は4日、ウクライナ領内には現在、約9000人ものロシア兵がいる、としたうえで、ロシアから「本格的な侵攻」を受ける恐れがある、と強い警戒感を示した。議会で演説した。

ウクライナ軍は前日、同国東部で親ロシア派の部隊と激しく衝突。事実上、形骸化している停戦合意があらためて危機にさらされている。

大統領は「軍はロシアの本格侵攻に備える必要がある」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。