100年後には世界1の生命保険会社になろうと思っています--出口治明・ライフネット生命保険社長(第3回)

100年後には世界1の生命保険会社になろうと思っています--出口治明・ライフネット生命保険社長(第3回)

--今後大手生保がネット生保に参入してきた場合、どのように戦っていくのですか。

現在インターネットで生保商品を販売している生保会社は、当社とネクスティア生命(元SBIアクサ生命)、5月から一部参入してきたオリックス生命などの5社だけです。損保では東京海上グループのイーデザインという会社もあります。

40年体制が脈々と業界に流れているとはいえ、大手でも決断の早いところは既に参入してきているわけです。当社も情報を全て開示していますし、お金があれば当社と同じ会社はいくらでも作れるでしょう。新規参入と自由競争が人間の歴史を進歩させてきました。

生保業界は年間の保険料が44兆円という非常に大きなマーケットです。ネット生保の仲間が増えれば増えるほどパイが増えて社員も奮い立ちますし、結果的にお客様のためになると思います。

その中でライフネットが生き残れるかどうかは神様にしかわかりません。きちんと経営を行い、お客様から評価をいただければ生き残っていけると思っています。生保業界というのは、保有契約が1億件、新規契約が1500万件あり、自動車買い替えのごとく7年でまわしていく業界です。

当社は創業以来、対前月比で毎月8%伸びており、保有契約数も7万件になりましたが、業界全体からすればまだまだ影響力はないんです。保有契約が1億件の世界ですから。プロの方は原価の構造がわかっているので当社の商品を高く評価して下さってますが、どのように一般のお客様にお申込みいただくかというのは永遠の課題です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT