連覇目指したシャラポワ、全仏オープン敗退

セリーナは準々決勝進出

 6月1日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープンの女子シングルス4回戦、前回王者で第2シードのマリア・シャラポワ(写真)は第13シードのルーシー・サファロバに6─7、4─6で敗れた(2015年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 1日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは1日、女子シングルス4回戦を行い、前回王者で第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)は第13シードのルーシー・サファロバ(チェコ)に6─7、4─6で敗れた。

シャラポワは同大会4年連続の決勝進出はならず、連覇の夢は断たれた。

第1シードのセリーナ・ウィリアムズはスローン・スティーブンス(ともに米国)に逆転勝ち。第4シードのペトラ・クビトバ(チェコ)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東大 京大 合格者ランキング<br>平成31回の入試で浮かぶ名門校

平成の31年間に東大、京大の合格者を多く出した学校はどこか。東大王者は不動の開成だったが、京大トップは洛星、洛南、西大和に北野と近年は激戦。ゼロから名門校にのし上がった学校も。勢力図の変遷が透ける各200校リストをご覧あれ。