連覇目指したシャラポワ、全仏オープン敗退

セリーナは準々決勝進出

 6月1日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープンの女子シングルス4回戦、前回王者で第2シードのマリア・シャラポワ(写真)は第13シードのルーシー・サファロバに6─7、4─6で敗れた(2015年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 1日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは1日、女子シングルス4回戦を行い、前回王者で第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)は第13シードのルーシー・サファロバ(チェコ)に6─7、4─6で敗れた。

シャラポワは同大会4年連続の決勝進出はならず、連覇の夢は断たれた。

第1シードのセリーナ・ウィリアムズはスローン・スティーブンス(ともに米国)に逆転勝ち。第4シードのペトラ・クビトバ(チェコ)は敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。