「楽天ポイント」改悪と言い切れない納得理由 8割のユーザーは現状維持かポイントが上がる

拡大
縮小
楽天グループは、12月からSPUのポイント還元率を改定。楽天モバイル優遇を色濃くする予定だ。写真は楽天グループが11月9日に開催した決算説明会で、会長兼社長の三木谷浩史氏(筆者撮影)

楽天グループは、12月1日からSPU(スーパーポイントアッププログラム)を改定する。SPUとは、同社グループのサービスを使うことで、楽天市場でのポイント還元率が上がるしくみのこと。楽天モバイルユーザーならプラス2倍、楽天カードでの決済でプラス1倍、楽天トラベルの利用でプラス1倍といった形で、付与されるポイントが増えていく。サービスを利用すればするほど、楽天市場で買い物をした際にもらえるポイントが増えるというわけだ。

12月の改定では、各サービスの倍率が見直され、最大15.5倍から16.5倍に倍率がアップする。一見、利用者にとっては朗報とも言える改定だが、ネットでは「史上最大の改悪」との声も相次いだ。それはなぜか。その理由をひも解いていくと、楽天グループが楽天モバイルの契約者獲得に向け、さらにアクセルを踏み始めたことが見えてくる。

楽天モバイル契約だけで常時5%還元

楽天は、12月1日のSPU改定で、楽天モバイル重視の旗色を鮮明にする。11月までは、楽天モバイルを契約している場合、楽天市場でのポイントが2%上昇する。楽天市場の通常ポイントは1%のため、合算すると計3%だ。6カ月間で4000ポイント以上かつ30回以上ポイントを貯めた楽天カード保有者がなれるダイヤモンド会員だと、このポイントがさらに1%上乗せされる。楽天モバイルの契約で、3%ないしは4%の上乗せがあるというわけだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT