11年ぶり「マリオ」新作、遊んでわかる高評価の理由 よく考えられた「人の心を動かすデザイン」

拡大
縮小
マリオワンダー
遊んでわかったマリオ新作の魅力とは?(画像は任天堂公式サイトより)

Nintendo Switch向けタイトル『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』が2023年10月20日に発売された。一口にマリオのゲームといってもさまざまで、本作はいわゆる2Dアクションゲーム(ファミリーコンピュータの『スーパーマリオブラザーズ』のように、横スクロール型のアクションゲーム)として、11年ぶりの新作となっている。

さまざまなレビューを集積するサイト「Metacritic」の評価は100点中93点となっており、非常に高い評価を獲得している。本作の優れている点はたくさんあるのだが、とくに注目したいのが「人の心を動かすためのデザイン」であろう。

新しい要素となった「ワンダー」

『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』は従来の作品から大きく変化することを目標に掲げており、新たな要素がたくさん登場する。その1つが「ワンダー」だ。

「ワンダーフラワー」という道中に落ちている花を拾うと、プレイ中の状況が一変する。パックンフラワーという敵が歌いだしたり、ゴム風船のように跳ねる大きなカバがたくさん転がってきたり、あるいはカメのノコノコがローラースケートを履いて滑ってきたりするのである。

ワンダーフラワー
ワンダーフラワーをとるとマリオたちが風船になるなど、不思議な出来事が発生する(画像は任天堂公式サイトより)

まさしくワンダーという名前のとおり、これはプレーヤーに大きな驚きをもたらしてくれる。2Dアクションはどうしても画面が地味になりやすい傾向があるため、こういった変化でつねにプレーヤーの心を動かそうとするわけだ。

次ページワンダーとおしゃべりフラワーの相性がいい
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT