アクセンチュアvs.電通、「異業種バトル」の第二幕 「コンサル・広告の雄」が互いの本拠地に攻勢

拡大
縮小
アクセンチュアと電通のロゴ
アクセンチュアのPR会社買収に、電通関係者は警戒を強めている(左写真:Bloomeberg、右写真:今井康一撮影)

コンサルの雄がまた一歩、広告会社の縄張りに踏み込んだ。

アクセンチュアは10月2日、広告・PR会社のベクトルから子会社のシグナルを買収した。

シグナルは2005年、ベクトルが手がけるPR案件におけるデジタル対応を目的に設立された。そのため複数のPR子会社を抱えるベクトルグループ内でも、SNSコンサルティングやWeb制作、インフルエンサー活用など、デジタルマーケティングに強い。

一方のアクセンチュアは目下、急速にマーケティング領域を強化しており、数年前からシグナルの買収を模索してきた。PRのデジタル化が進む中、ベクトル内で子会社間の事業領域が重複していたこともあり、今回のM&Aが実現した。買収額は非開示だが、ベクトルは株式の売却益で約17億円を計上する。

実は広告代理店で世界2位

アメリカの広告業界専門誌『アドエイジ』によると、実はアクセンチュアは世界のエージェンシー(代理店)の売上高で、イギリスの最大手・WPPに次ぐ2位につけている。

デジタルシフトを迫られている多くの顧客企業に対し、戦略・ITコンサルからマーケティングまで、一気通貫でソリューションを提供することが強みだ。2019年には、アメリカの世界的なクリエイティブエージェンシー「Droga5(ドロガファイブ)」も買収した。

そのドロガファイブは2021年にアジア初の拠点を東京に開設するなど、日本でも着々と広告・マーケティングの機能を強化。資生堂や日本ハムなどの大手企業を顧客に抱え、広告賞の獲得実績も豊富だ。

そんなアクセンチュアの弱点が、戦略から担ったマーケティング案件の川下において、SNSなどを用いて“バズらせる力”だった。

アクセンチュアのオペレーションズ コンサルティング本部、大塚健史マネジング・ディレクターは「クライアントがマーケティング全体を任せたくても、広告以外で認知を獲得する機能が弱く、そこだけはPR会社に依頼するケースもあった。人材採用も進めたが、世の中が変化するペースが速く、M&Aに踏み切った」と明かす。

次ページ警戒を強める電通
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT