ダイハツの軽「ムーヴキャンバス」発売1年通信簿 軽ハイトワゴンでムーヴが選ばれる理由とは

拡大
縮小
2022年7月5日にフルモデルチェンジを実施し、発売から1年が経過したダイハツのムーヴキャンバス
2022年7月5日にフルモデルチェンジを実施し、発売から1年が経過したダイハツのムーヴキャンバス(写真:ダイハツ工業)

ダイハツの「ムーヴキャンバス」は、昨年7月のフルモデルチェンジ以降、順調な販売台数を堅持し、ダイハツの新車販売における戦力となっている。

軽乗用車販売の1位は、ホンダ「N-BOX」が不動の地位を占めているが、じつは2位にダイハツの「タント」がおり、3位は同社の「ムーヴ」とスズキ「スペーシア」が鎬を削りあっている。N-BOX、タント、スペーシアがいずれもスーパーハイトワゴンであるのに対し、ムーヴはやや車高の低いハイトワゴンで、競合としてはスズキ「ワゴンR」やホンダ「N-WGN」となる。それらは、7月の販売統計で、ワゴンRが6位、N-WGNは14位であり、スーパーハイトワゴンと競い合えるハイトワゴンは、ムーヴをおいてほかにないといった状況だ。

この記事の画像を見る(98枚)

なぜムーヴが売れるのか?キーワードはキャンバス

ムーブキャンバスのサイドシルエット
ムーヴキャンバスのサイドシルエット(写真:ダイハツ工業)

では、なぜムーヴだけが、ハイトワゴンでありながら高い人気を得られているのか。

それは派生車種としてのムーヴキャンバスがあるからだ。軽乗用車販売ランキングでは、車名の頭にムーヴとつくため、ムーヴとムーヴキャンバスを合わせた販売台数の統計値となっている。結果的にムーヴが3位となっている。

次ページムーヴキャンバスの割合は?人気の秘密は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT