東武鉄道の巨大メンテ施設「南栗橋工場」の内側 「寝過ごすと大変な駅」周辺は鉄道施設が集中

拡大
縮小
東武 南栗橋工場 クレーン
東武インターテック南栗橋工場の車体と台車を分離するクレーン。工場内に定期検査の車両がない光景はめずらしいという(記者撮影)
この記事の画像を見る(50枚)

東武スカイツリーラインは浅草・押上から東武動物公園までの伊勢崎線の愛称だ。東武動物公園で伊勢崎線と分岐した日光線の下り普通電車で3駅目、JR宇都宮線と交差する栗橋の1駅手前にある「南栗橋」という駅名は、首都圏では意外と知られている。

1899年に北千住―久喜間で営業を開始した東武鉄道の歴史のなかで、1986年開業の南栗橋駅はとくに古いわけではない。2022年度の1日平均乗降人員は7137人と、東武亀戸線の東あずま駅(7226人)を下回る。

東武鉄道の一大拠点

それでも抜群の知名度を誇るのは、車両基地があり、同駅を終着駅とする通勤電車が多いためだ。東武線にとどまらず、相互直通運転をする東京メトロの日比谷線と半蔵門線、東急田園都市線の各駅の発車案内や電車の行き先表示器で知らず知らずに目にしている駅名だ。

100km近く離れた神奈川県大和市、小田急江ノ島線と乗り換えられる東急田園都市線の中央林間駅からやってくる電車もある。一方、北は東武日光や鬼怒川線の新藤原、東武宇都宮などを始発とする普通電車も南栗橋を終着とする。駅前は一戸建てを中心とした住宅地や田畑が広がるばかりで「寝過ごすと大変な駅」としても定番だ。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT