「希望の力」は、ダイエットにも効果がある

5年後の自分を計画しよう

シェーン・J・ロペス氏

ロペス氏はもともとIQの研究家だった。高いIQこそが、人を素晴らしい人生に導くと考えていたのだ。だが、心理カウンセラーとして患者と接しているうちに、その考えに疑問を抱くようになった。

きっかけは、ジョンという農夫との出会いだった。腎臓病で自分の農場を続けることができなくなり自殺を考えたジョンだったが、次の収穫という「目標」を持てたことで立ち直り、腎臓の数値まで改善したのだ。この例を目の当たりにしたロペス氏は、どれほどIQが高くても、希望なしには有意義な人生は送れないことに気づいたという。

「希望がある人とない人とでは、大きな差があることが調査で判明しています。環境や条件が同じであれば、希望に満ちた人のほうが学校での成功率が12パーセント、仕事での成果率が14パーセント、幸福度が10パーセント高くなる。希望に満ちた人のほうが、希望度の低い人に比べて、幸せな人生を歩んでいることは言うまでもありません」

「希望のパワー」はダイエットにも有効

希望のパワーはダイエットにも有効だ。あるスポーツクラブで、「目標体重になる自信があるかどうか」を会員に尋ね、1年後に測定したところ、肯定的な意見の人は否定的な人よりも平均10キログラムも体重を落としたという。考え方がポジティブな人ほど、ダイエットの成功率は高かった。また、60~70歳を対象とした追跡調査によれば、希望のない人の死亡率は29パーセントだったのに比べ、希望のある人の死亡率は11パーセントにとどまった。希望のない人ほど、寿命も短かったのだ。

とはいえ、思い描くだけで明るい未来が手に入るわけでない、とロペス氏は語る。

「未来をつかみ取るためにはじっくりと考え、計画することが重要です。希望は高望みや楽観主義とは違います。未来への具体的な投資なのです。目標に向って前進すれば、必ず障害が立ちふさがります。そこでも希望が重要な役目を果たします。希望を抱いていれば次々とアイデアが浮かび、ひとつの道が閉ざされても、別の道を思いつく。それによって、未来をコントロールすることが可能になるのです」

ロペス氏の本には、火災に遭ったビール工場を建て直した起業家や、重度の心臓病を克服した少女、荒廃した小学校を再建した親たちなど、「5年後の自分」を見事に実現させた人々の実例が上げられている。

ゴールデンウィークも終わり、目標を見失い、「5月病」になりがちなこの時期、いかに前向きの未来を思い描き、それを実現させていくか、「希望の心理学」の泰斗の教えに触れるのもいいだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT