ビンラディン殺害、世界は何におびえたのか

2011年5月1日夜。世界に衝撃を与えた「9・11同時多発テロ」の首謀者、オサマ・ビンラディンが米軍によって殺害されたことを、米政府は発表した。作戦を命じたバラク・オバマ米大統領は、「正義は下された」と勝利宣言した。

米大統領の人気が回復 身柄拘束しなかった“謎”

米国民はオサマ殺害の報道に驚喜している。直後のNYタイムズの世論調査によれば、低迷していたオバマ大統領の支持率は一気に11%上昇し、57%まで回復。12年に向けて、再選を目指すオバマ大統領にとって、オサマ殺害は絶大な人気回復効果をもたらし、11年から始まる選挙キャンペーンへの跳躍台になった。

オサマはパキスタンの首都イスラマバード北約50キロメートルにある、アボタバードの邸宅に潜伏していたところを、アラビア海の空母からヘリコプターで出撃した米海軍特殊部隊に襲撃された。戦いは一方的であり、その遺体は米空母に運ばれ、DNA鑑定で身元が確認された後、水葬に付された。イスラム教の慣習では、遺体は土葬して、石造りの墓を残す。米国が最重要人物を慌ただしく水葬したことに対し、疑問と反発がイスラム世界で起こった。

潜伏していたアボタバードは、パキスタン陸軍士官学校がある軍事都市で、富裕層も多く住む都市。米国から2500万ドルもの賞金を懸けられ、指名手配された人物が潜伏するにはふさわしくない。政治的に大きな影響力を持つ、軍や統合情報部の一部勢力がオサマをかくまっていたのではないか、との見方が出るのは当然だ。今回の襲撃は通告なしに行われ、パキスタン政府は恥をかかされる結果になった。米国の行為はアフガニスタン戦争をめぐり、タリバン勢力との腐れ縁を清算できず、米国に面従腹背の態度をとるパキスタンを牽制する意味もあろう。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT