「毎日50錠の市販薬を飲んだ」彼女の壮絶な体験 大学生2年生のときに薬物依存に陥った男性も

拡大
縮小
市販薬乱用
2人の市販薬依存患者に話を聞いた(写真: mits / PIXTA)
今、社会問題になっている市販薬の過剰摂取。特に若い人たちの使用が深刻化している。依存に陥るとどんなことが起こるのか。2人の市販薬の依存症患者に自身のことを振り返ってもらった。なぜ薬に手を出してしまったのか、そして今思うこととは。
前編:トー横の若者蝕む「市販薬乱用」知られざる実情

「今思えば、何でも話せる人がいなかった。1人でもそういう人がいたら、そういう関係性を作っていたら、その人に頼ることができていたら、違っていたかもしれない。過去の私はそういう人や関係性を持ち合わせていなかった」

現在、岐阜ダルクの職員として依存症患者を支援している勇(いさむ)陽子さん(40代)はこう振り返る。

17歳で初めて市販薬を過剰摂取

初めて市販薬を過剰摂取したのは、17歳のときだった。当時、何かあったわけではないが、何となく学校になじめないと感じていた。

「友だちから嫌われているんじゃないかとか、充実している毎日を送る周りの人がうらやましいとか、そんなふうに思っていました」

ぽっかり空いた穴を埋めるため過食に走った時期もあったが、太った自分を見てさらに自己嫌悪に陥る。未成年だが、酒を飲むようにもなっていた。そんな日々のなかで出会った1人の男性から、市販薬の過剰摂取を勧められた。

次ページ違法薬物にも手を出すように
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT