旅行予約サイト最大手でまさかの「入金遅延」騒動 ブッキングドットコムの周知不足にホテル困惑

拡大
縮小
インバウンドが本格回復し、書き入れ時となった今夏に支払いトラブルが発生していた(記者撮影)

日本を訪れるインバウンド(訪日外国人)が本格的に回復する中、ホテルや旅館などの予約をめぐり思わぬ支払いトラブルが発生していた。震源地はオンライン旅行予約サイト(OTA)世界最大手のBooking.com(ブッキングドットコム)だ。

「2023年7月1日~7月11日にかけて、弊社が提供するプロダクト及びサービス強化の一環として、財務システムのメンテナンスを実施しますことをご連絡申し上げます。この期間中は、弊社の財務関連サービスに一部影響が発生いたします」

2023年6月、ブッキングドットコムは自社のサイト上で契約をしている宿泊施設に対してこのような通知を出した。同サイトは世界中の宿泊施設の予約はもちろん、航空券の予約なども可能だ。現在、世界での登録宿泊施設数は2800万軒に上る。日本では3万6249施設が登録をしている。

支払いがシステムメンテナンスによって遅延

多くの宿泊施設は自社サイトからの予約では客室が埋まらない。そのためJTBやエイチ・アイ・エスなどの旅行代理店、ブッキングドットコムやじゃらんなどのOTAからの予約を受け入れ、客室を埋めている。宿泊施設は一般的にはその対価として、代金の2割程度を販売手数料として支払っている。

ブッキングドットコムではサイトを通じた予約の場合、現地での決済と事前決済の2つに支払い方法が分かれている。同サイトと契約しているあるホテルチェーンでは、毎月月初に前月分の事前決済分の売上が入金されていた。

前述の通知では6月1日〜25日分の予約は6月26日に処理され、26日〜30日、7月の売上は8月2日までに処理されるとしている。一部支払いがシステムメンテナンスによって遅延するということだ。ブッキングドットコムジャパンの大畑智美広報部長によれば、7月初旬から8月初旬までアムステルダム(オランダ)の本社で決済システムの更新を行う予定だったという。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT