キューバで同性愛者ら1000人超がデモ行進

差別解消を主張

 5月9日、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーのキューバ市民1000人超が差別の解消を訴えて首都ハバナをデモ行進した。写真は踊りながら行進する参加者(2015年 ロイター/Alexandre Meneghini)

[ハバナ 9日 ロイター] - ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーのキューバ市民1000人超が9日、差別の解消を訴えて首都ハバナをデモ行進した。

キューバでは1959年の革命後の初期、同性愛者は労働収容所に送られていた。後に革命指導者のフィデル・カストロ氏はこうした対応が誤りだったと認めたが、現在でも同性婚は法的に認められていない。

デモ行進は今年で8回目。パートナーと13年間にわたり「婚姻関係」にあると話すラウル・オルタさんは「家族は私たちを受け入れているのに、社会は受け入れていない」と指摘。「この8年間、私たちは不可能と思っていた夢を実現しようとしてきた」と話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT