キューバで同性愛者ら1000人超がデモ行進

差別解消を主張

 5月9日、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーのキューバ市民1000人超が差別の解消を訴えて首都ハバナをデモ行進した。写真は踊りながら行進する参加者(2015年 ロイター/Alexandre Meneghini)

[ハバナ 9日 ロイター] - ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーのキューバ市民1000人超が9日、差別の解消を訴えて首都ハバナをデモ行進した。

キューバでは1959年の革命後の初期、同性愛者は労働収容所に送られていた。後に革命指導者のフィデル・カストロ氏はこうした対応が誤りだったと認めたが、現在でも同性婚は法的に認められていない。

デモ行進は今年で8回目。パートナーと13年間にわたり「婚姻関係」にあると話すラウル・オルタさんは「家族は私たちを受け入れているのに、社会は受け入れていない」と指摘。「この8年間、私たちは不可能と思っていた夢を実現しようとしてきた」と話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT