台風6号がフィリピンに上陸、2人死亡

3000人以上が避難

 5月11日、フィリピン北東部に上陸した台風6号は大雨・強風をもたらし、家屋倒壊などの被害が出ている。社会福祉省で食料配給の準備をするボランティア、マニラ近郊のパサイで9日撮影(2015年 ロイター/Romeo Ranoco)

[マニラ 11日 ロイター] - 非常に強い台風6号は10日、フィリピン北東部に上陸し、大雨・強風により、家屋倒壊などの被害が出ている。これまでに確認された死者は2人で、3000人以上が避難している。台風6号はフィリピン上陸後にやや勢力を弱めているものの、11日時点で中心付近の風速は45メートル。

時速約20キロのスピードで北上し、12日には沖縄地方に接近する恐れがある。

上陸したカガヤン州では、大規模な停電が起き、倒木などの被害も出ているという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT