台風6号がフィリピンに上陸、2人死亡

3000人以上が避難

 5月11日、フィリピン北東部に上陸した台風6号は大雨・強風をもたらし、家屋倒壊などの被害が出ている。社会福祉省で食料配給の準備をするボランティア、マニラ近郊のパサイで9日撮影(2015年 ロイター/Romeo Ranoco)

[マニラ 11日 ロイター] - 非常に強い台風6号は10日、フィリピン北東部に上陸し、大雨・強風により、家屋倒壊などの被害が出ている。これまでに確認された死者は2人で、3000人以上が避難している。台風6号はフィリピン上陸後にやや勢力を弱めているものの、11日時点で中心付近の風速は45メートル。

時速約20キロのスピードで北上し、12日には沖縄地方に接近する恐れがある。

上陸したカガヤン州では、大規模な停電が起き、倒木などの被害も出ているという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。