「ビッグモーター社長」心理を会見時の表情で分析 表情からは不正は本当に知らなかった可能性も

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小
ビッグモーター 兼重宏行
会見では「自身も被害者」という認識が表情に出ていたビッグモーターの兼重宏行社長(7月26日辞任)(撮影:今井康一)

中古車販売大手ビッグモーターが、保険金不正請求を繰り返していた問題で、同社の兼重宏行社長(7月26日付で辞任)ら経営陣が、7月25日に記者会見を開きました。兼重社長は感情を高ぶらせ、本部長や現場の人間に責任を帰する発言もありました。兼重社長は、本当のところ自身の責任についてどう感じているのでしょうか。会見中の表情・動作、および語りの内容から心理を推測します。

兼重社長は不正を知らなかった?

結論から書きますと、兼重社長は、「保険金を不正に請求するよう自身が具体的に指示した認識はなく、ガバナンスの問題は認めるものの、自身も被害者である。しかし、他の経営陣が関与している可能性は排除できない」という心理であったと推測します。

会見冒頭、6月に調査報告書が提示されるまで不正の認識はなかったかを問われ、兼重社長は、調査報告書が提出された時点で初めて今回の事態を知ったとし、「耳を疑った。もう、こんなことまでやるのかと。愕然としました」「現場に入ってよく見ておけばよかった」「これから修理する人間が傷をつけて水増し請求する。ありえんですよ」と怒りと悲しみの表情をにじませながら答えます。加害者に対し刑事告訴するとまで発言し、怒りを露わにします(この言葉は会見終了間際に撤回されます)。

不正の責任について、最終的には会社のガバナンスの問題として認めつつも、不正を行った個々の人物や現場にプレッシャーをかけた本部長を非難する場面が会見中、多く見られます。こうした発言をする兼重社長の言葉と表情は一致しており、自身も被害者であるという意識が強く生じたものと推測します。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT