有料会員限定

「日本が国際的に稼ぐ力は衰えている」は本当か? 国際収支をグロスで見てみてわかったこと

✎ 1〜 ✎ 418 ✎ 419 ✎ 420 ✎ 最新
拡大
縮小
世界と経済のイメージ画像
(写真:ilixe48/PIXTA)

5月に発表された2022年度の経常収支は9.2兆円の黒字で、黒字額は前年度に比べて54%も減少した。筆者は、経常収支の姿が国民福祉に直接関係するわけではないので、こうした経常収支の変化は大した問題ではないと考えている。

しかし、「それは日本の国際的な稼ぐ力が衰えていることを示すものだ」という指摘もある。確かに経常収支の内訳を見ると、モノ・サービス貿易の収支差は赤字幅が拡大する一方、利子・配当などの第1次所得収支の黒字幅は拡大している。日本は貿易で稼ぐ力が衰え、もっぱら利子・配当で稼いでいるように見える。

しかし、ネットの収支差を稼ぐ力の指標として見ることには疑問がある。例えば、貿易・サービス収支が貿易により稼ぐ力の指標だとすると、輸入を減らしたり日本人が海外旅行に行かなくなったりすると稼ぐ力が増えるという、やや奇妙なことになる。

次ページ製造業の稼ぐ力は圧倒的に大きい
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内