有料会員限定

日本の「時間当たり労働生産性」上昇という謎 海外と遜色ない生産性の伸びはなぜ起きた?

✎ 1〜 ✎ 378 ✎ 379 ✎ 380 ✎ 最新
拡大
縮小
日本全国のネットワーク
(写真:metamorworks/PIXTA)

7月に発表された経済財政白書を眺めていた私は、1枚の図を前に考え込んでしまった。「労働時間当たり実質GDP(国内総生産)」(=時間当たり労働生産性)を国際比較した図で、日本はこの指標においてほかの主要国と比べて遜色ないというのである。

これを見て私には数々の疑問が生じた。「日本は生産性の伸びが低いから、もっと引き上げるべきだ」という常識的な議論は間違いで、成長戦略に注力する必要はないということなのか(第1の謎)。

次に悩んだのは、この見劣りしない時間当たり生産性の伸びをいかにして実現したのかということだ(第2の謎)。日本は多年にわたり長期的な成長に対する資本の寄与は他国より低い。そのため、時間当たり生産性の伸びは労働者の資本装備率の上昇によるものではなく、労働の分野の中だけで実現したものだと考えられる。

次ページたどり着いた3つの謎の答え
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内