有料会員限定

「できないこと」も「できる」と言ってしまう選挙 物価、円安、賃金、少子化と課題山積の参院選

✎ 1〜 ✎ 370 ✎ 371 ✎ 372 ✎ 最新
拡大
縮小
(写真:maruco/PIXTA)

物価、円安、賃金、少子化など、日本経済は多くの課題に直面している。エネルギー・食料価格の上昇により輸入価格が上がっている中で、円安の進展がその輸入価格をさらに引き上げている。すでに消費者物価は2%以上上昇し、国民の生活水準を引き下げている。賃金が上がれば生活水準の低下をカバーできるが、なかなか賃金は上がらない。そして、コロナショックによって少子化、人口減少の流れは加速している。

誰もがこうした諸課題を解決してほしいと願っており、経済学者も政治家も、解決策を見いだして、それを実行したいと思っている。しかし、経済にはできることとできないことがある。

次ページさらに物価上昇や人口減少
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内