アダルトビデオ界の大物が切り拓く"新境地" 異色経営者DMMグループ亀山敬司伝<3>

拡大
縮小

16年前に家族ともども上京したのは、名もなき一般人の生活に戻りたかったという面もある。「田舎は狭いからエロやって稼いでいる金持ちで有名だった。時には尊敬され時には軽蔑される微妙な立場。それが東京に来たら誰も(自分を)知らないから普通に近所付き合いできる」と亀山はしみじみ語る。取材は顔写真NGだが、顔が売れると一般人扱いされなくなるとの思いからだ。

亀山がAVで成功を収めたのは加賀の土地柄と無縁ではあるまい。北陸人の堅実さと温泉街の一種猥雑さが入り交じり、商売の貴賎は軽やかに相対化される。亀山がAVを始める時、家族は「あっ、そう」とだけ言い、誰も反対しなかった。実母は80歳を過ぎても加賀事業所の食堂で賄い仕事に精を出す毎日だ。

最後は全部なくしたい

妻との間には一男一女をもうけた。長男は今春、新社会人となったが、じつは亀山に内緒でDMMの面接を受け不採用になっていた。そのことを亀山は愉快げに話す。子供に会社を継がせる気はもともとない。「苦労なく楽しく商売してきた」という亀山からすると、継いだ会社の現状維持で汲々(きゅうきゅう)としている2代目経営者は可哀想な存在だ。破滅型とは到底見えない亀山だが、将来については意味深にもこう語る。「最後、全部なくなることが理想」と。

絶好調だった証券子会社が2014年3月期に一転して大赤字を計上し、安定成長を続けてきたグループ経営は異次元に入った感もある。中核業種の特殊性もあり株式公開をする考えはない。グループの全体像がつかみにくい点はぬぐえないが、亀山に会ってみると、これほど偉ぶらず地に足の着いた経営者も今どき珍しいと感じる。その人生を亀山はどう全うするのか。いっさい予測できないところが、この男の魅力なのかもしれない。

=敬称略=

<1>アダルトビデオ界の大物は、どんな男なのか

<2>アダルトビデオで儲かるのは「販売」ではない

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT