「ワイルド・スピード」の最新作が大人気!

北米映画興行収入、4週連続トップを快走

 4月26日、北米映画興行収入ランキングは、「ワイルド・スピード スカイミッション」が1820万ドルで4週連続首位となった。写真は主演のヴィン・ディーゼル。ハリウッドで1日撮影(2015年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 26日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズ最新作「ワイルド・スピード スカイミッション」が1820万ドル(約21億6000万円)で4週連続首位となった。「ハンガー・ゲーム」(2012年)以来の快挙。

ただ、来週には「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(日本公開7月4日)の公開が控えており、首位を明け渡すのではないかとの見方が多い。

コメディ「Paul Blart: Mall Cop 2(原題)」は2週連続の2位で、1550万ドルだった。

3位は新作ファンタジーロマンス「Age of Adaline(原題)」(今年秋公開)で1340万ドル。米人気テレビドラマ「ゴシップガール」で主人公を演じたブレイク・ライブリーが、事故で29歳のまま永遠に歳を取らなくなってしまった女性を演じる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。