「ワイルド・スピード」の最新作が大人気!

北米映画興行収入、4週連続トップを快走

 4月26日、北米映画興行収入ランキングは、「ワイルド・スピード スカイミッション」が1820万ドルで4週連続首位となった。写真は主演のヴィン・ディーゼル。ハリウッドで1日撮影(2015年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[ロサンゼルス 26日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズ最新作「ワイルド・スピード スカイミッション」が1820万ドル(約21億6000万円)で4週連続首位となった。「ハンガー・ゲーム」(2012年)以来の快挙。

ただ、来週には「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」(日本公開7月4日)の公開が控えており、首位を明け渡すのではないかとの見方が多い。

コメディ「Paul Blart: Mall Cop 2(原題)」は2週連続の2位で、1550万ドルだった。

3位は新作ファンタジーロマンス「Age of Adaline(原題)」(今年秋公開)で1340万ドル。米人気テレビドラマ「ゴシップガール」で主人公を演じたブレイク・ライブリーが、事故で29歳のまま永遠に歳を取らなくなってしまった女性を演じる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT