レアメタル加工のフルヤ金属、積極増資でリサイクル事業を強化へ


 増資で調達した資金は既存設備の改修や、効率的な工程管理・業務管理体制構築のためのシステム投資にも充当する。また、12月までに長期借入金13億円を返済する。

地震の影響は限定的か

目下の業績も好調だ。金融危機の余波を受け09年6月は営業赤字に転落したが、そこから急回復している。今11年6月期は、前半に稼いだハードディスク用ルテニウムターゲットが徐々に失速する見込み。だが、好採算のイリジウムルツボはLED基盤製造装置向けに拡大する。温度センサーも半導体分野向けが回復歩調だ。売上高が31・3%増の324億円、営業利益が16・7%増の54億円になると、会社は描く。

翌12年6月もイリジウムのリサイクル事業が本格化するため、これが収益を押し上げる公算。当期純利益が過去最高(10年6月期の34・2億円)を更新する可能性もある。

3月11日には東日本巨大地震が襲いかかったが、この影響は限定的なようだ。いったん操業を停止していたが、建物や設備には大きな損傷はなく、17日には一部稼働を再開した。ただ、大地震発生により、生産拠点の一部地域での偏重体制があらたに浮き彫りになった。同社は茨城県の他には、石英保護管内製化のための工場を北海道千歳市に構えるだけ。拠点集中化が生産効率の向上に寄与してきたことも事実だが、今後は拠点分散化への対応が求められる。

◆フルヤ金属の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT