いま、「物語に基づく医療」が問われている

海と医学、関係なさそうで大いに関係あり

画像を拡大
実際の試験では、こちらの紙が配られました

私が患者から直接耳にした実話を紹介しよう。ある地方での出来事である。肺に違和感を抱いた高齢者が、地元では最大級の総合病院を訪ねた。大がかりな精密検査をし、数日後、病院を再訪すると40歳前後の若い医師が対応してくれた。

そしてその場で、「肺がんが進行しており、余命は半年ですね。あなたの年では手術も無理ですし」と、さらりと言われたという。患者は医師の心ない形式的な対応に憤慨し、怒りに震えながら診察室を後にした。そして、絶望感から末期の治療を受けることはなかった。

インフオームドコンセントを専門的に研究する私にとって、この出来事の評価はなかなか難しい。なぜなら、たとえがんであろうとも、現在は「告知をする」という方向に動いているからであり、告知自体は正しい行為と言えるからである。

「物語に基づく医療」とは

ただ、医師の職業倫理指針にもあるように、直ちに真の病名や病状をありのまま告げることが、患者に過大の精神的な打撃を与え、その後の治療の妨げになるような場合、真実を告げないことも許されるのである。

医師の置かれている現状はといえば、告知しなかったことで訴訟を起こされることがあるし、逆に告知したことで訴訟を起こされることもある。どうすべきかの判断は難しい。ただこの事例で言えば、患者にストレートに告知する前に、まず家族に告知し反応を見るなど、何か方法があったはずだ。余命半年の高齢者の身になり、少しでも彼の心に寄り添うことはできなかったのだろうか。

関連の話として、やや専門的になるが、診療の概念としては大きくEMBとNBMがある。EBMは、Evidence based Medicine の略語であり、「根拠に基づく医療」のことで、医師が有する医学的知識と経験的技術が重視される。一方NBMは、Narrative based Medicine の略語。「物語に基づく医療」のことである。

物語に基づく医療は、患者が医師との対話を通じ語る病気の原因や経緯、さらに自身の病気について今どのように感じているかなど、患者自身の物語からアプローチする手法のことである。本問で言えば、後者のNBMの考え方を論じられれば、評価は得られたのではないか。

ちなみに私が指導し正規合格した学生は、私の基礎医学概論の講義でNBMについて触れていたにもかかわらず、「人々に対する海の影響力と医学のNBMを結びつけることなど思いもよらなかった」と語った。それだけハードルの高い問題なのかもしれない。

このほかにも、医学部入試に関する情報を小林公夫オフィシャルサイトにて紹介しております。ぜひ、併せてご覧ください。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT