マクドナルド、復活の鍵握るキーマンの重責

副社長兼COOは、店舗と本部をつなげるか

 4月16日、日本マクドナルドホールディングス復活の「切り札」的存在として、下平篤雄・副社長兼最高執行責任者(COO、62歳)に注目が集まっている。写真はカサノバCEO、東証で撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 日本マクドナルドホールディングス <2702.T>復活の「切り札」的存在として、下平篤雄・副社長兼最高執行責任者(COO、62歳)に注目が集まっている。

フランチャイジー(FC)に出向するなど、現場を知り尽くしている強みを武器に、業績低迷下で不満の高まるFCや消費者の声をうまく本部の運営に反映させることができるのか。重い課題を背負ってスタートを切った。

下平COOは16日、サラ・カサノバ社長兼最高経営責任者(CEO)とともに会見の場に姿を現した。記者の注目は、カサノバCEOと同時に、下平COOの発言にも集まった。

会見の冒頭で「日本マクドナルドのシステムの中で、37年間勤めてきた。この経験を生かし、ビジネスリカバリープランを迅速に実行し、全てのステークホルダーの期待に沿うよう、誠心誠意努力する」と所信を述べた。

下平氏は、1978年に日本マクドナルドに入社した生え抜き。中央地区本部長やコーポレートリレーション本部長、営業推進本部長などを経て、2005年には日本マクドナルドの代表取締役になった。

しかし、ドメスティックな現場主義と米国流経営が相容れず、2009年5月からは有力FCのクォリティフーズ(新潟市)に出向。出向時には「もうマクドナルドに戻ることはない」と話していたとされるが、今年1月に、上席執行役員として呼び戻された。

カサノバ社長は、3月下旬の株主総会の席上、下平氏を含む新しい経営陣について「約束実現のため、最強のチームを作り上げるのはCEOとしての仕事。ビジネスリカバリープランを加速し、成果を最大化できるメンバーを選んだ」と胸を張った。

ただ「下平氏を呼び戻さなければならないところに、人材の層の薄さが出ている」(同社関係者)との指摘もある。3月に退任した原田泳幸氏時代に人件費を含むコスト削減や急速なFC化を進めたことで、多くの優秀な人材が流出したという。

2014年2月にライバルでもあるバーガーキング・ジャパン(東京都渋谷区)の社長に就任した村尾泰幸氏もそのひとりだ。業界では、村尾氏の経営手腕に対する評価は高い。

次ページ他社と開く差、容易でない立て直し
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT