ロールケーキに見出した高級チョコの新境地 「本格志向」と「日本人の嗜好」がベストマッチ

印刷
A
A

口溶けを計算したサイズのチョコレートチップを作るのも、職人による手作業だという。実際に食べてみると確かにヨーロッパのスタイルのリッチな味わいだが、ロールケーキの形が、昔からの知り合いに会ったかのような親しみを与えてくれる。

新潮流「ビーン・トゥ・バー」でさらに注目

日本ではここ数年で、カカオ豆の選別、焙煎から一貫してチョコレートを作るチョコレート専門店が注目されており、まるでワインのごとく、カカオ豆の産地や品種の個性を表現したチョコレートがトレンドだ。チョコレートの世界では昨年から「ビーン・トゥ・バー」(カカオ豆を選別・焙煎する段階からチョコレートになるまでを一貫して作り手がこだわる製造スタイル)が新潮流として注目され、高級チョコレートが人気を博している。これを受けて、チョコレートの原料である「カカオ」、ワンランク上の「味」「香り」「クオリティ」への関心が高まっている。

加えて、日本人はふんわりとしたクリームやしっとりした生地など、やわらかい食感のスイーツを好む傾向があり、昔から誰もが知っているロールケーキには安心感がある。高級チョコレート専門店のワンランク上のプレミアムなロールケーキは、チョコレートの潮流と日本人の嗜好、両方にヒットしているのだ。

アルチザン パレドオール「ルーロー カカオ(1カット/約4cm)」380円(税抜き)

今年1月にオープンした日本を代表するショコラティエ 三枝俊介氏によるチョコレート専門店「アルチザン パレ ド オール 青山店」では、3月からチョコレートのロールケーキ「ルーロー カカオ」を定番商品として販売、品切れる日が多いほどの人気となっている。同ブランドは山梨県の清里高原の工房でカカオ豆からチョコレートまでを一貫して手がける話題の専門店だ。

ほおばると口いっぱいにチョコレート味のクリームが広がり、誰もがしあわせな気持ちになることだろう。自家製チョコレートを練り込んだ、ふんわりしっとりとした生地、チョコチップが入ったたっぷりのクリームがうれしい。クリームの中のチョコレートが最もなめらかに溶ける独自の混ぜ方を考案、極上の口溶けを実現させている。

オーナーシェフでショコラティエの三枝俊介さんは「今は複雑な組み合わせのお菓子や意外な取り合わせが多く、逆にシンプルなものに立ち戻る傾向があるのではないでしょうか。ロールケーキは、生地にクリームとチョコレートを合わせたシンプルなものだからこそ、いいものがわかりやすい。また日本人は、かまなくてもよい位のやわらかなスイーツを好む傾向があります」と語る。

次ページサイズが大きいのも魅力
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT