ロールケーキに見出した高級チョコの新境地

「本格志向」と「日本人の嗜好」がベストマッチ

アルチザン パレオドール「ルーローカカオ(1本/約16cm)」1500円(税抜き)

日本の高級チョコレート専門店で、チョコレートのロールケーキがヒットしている。

1845年創業のスイスのチョコレートブランド「Lindt」(リンツ)の商品を日本で提供する「リンツ ショコラ カフェ」では、この4月から、チョコレートのロールケーキ「ルーロー・オ・ショコラ」の販売を始めた。2010年のオープンからこれまでヨーロッパのトラディショナル(伝統的)なチョコレートケーキをベースにしたスイーツを定番としてきたリンツで、「ロールケーキ」は初登場。発売初日から人気を博しているという。

ロールケーキは日本だけのオリジナル

リンツ ショコラ カフェ「ルーロー・オ・ショコラ」 700円(税抜き)

特長的な食感のバランス。しっとりとした生地にはチョコレートチップとキャラメリゼしたアーモンドが練り込まれ、中心のチョコレートムースはふんわりと濃厚。しっとりもちもちとした生地と、なめらかでふわりと軽いチョコレートクリームのバランスが絶妙だ。プチプチとはじけるほどよいかみ応えの生地が新しく、チョコレートの風味を堪能できるのもたまらない。

「ロールケーキは日本だけのオリジナル商品。日本人が昔から慣れ親しんできたケーキをリンツのチョコレートを使って作ることで、本格的な味を身近に楽しんでいただく提案をしています。チョコレートはそのままでももちろん、お菓子にすることで無限においしくなる可能性を秘めています」。リンツ&シュプリングリージャパンの篠原みどりさんは言う。

次ページ中には口溶けまで計算したチョコレートチップを
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。