【産業天気図・スーパー/コンビニ】出店競争厳しく依然単価下落

今年7月まで、スーパーは17カ月、コンビニは12カ月連続で既存店売り上げの前年割れが続いている。出店増に伴う価格競争で、客単価の下落が続いている企業が多い。加えて、9月初めには、コンビニ最大手セブン‐イレブン・ジャパンが飲料の一部商品で値下げに踏み切った。定価販売を前提にしていたコンビニだが、今後、同業他社にも同様の動きが広がるのは間違いのないところだ。また、年金改革や増税の動き次第では、消費マインドがさらに低下するリスクもある。当面、業界の空模様は『曇り』と言わざるを得ない。
【並木厚憲記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。