プロをしのぐことも!個人に学びたい投資術

日経平均2万円時代に株でどう儲ける?

そろそろ本格的に買うべきか、それともしばらく様子を見たほうがいいのか――。株式市場は悩ましい水準に入ってきた。

日経平均株価は4月10日に2万円を達成。15年ぶりの大台回復で、日本株はさらなる高みに向けて動き出したかと思いきや、10日午前中につけた2万円台は “瞬間風速”にとどまり、その後は1万9000円台後半で伸び悩んでいる。

日経平均は2万円近辺で足踏み、今後は?

(写真:Wayne_PHOTO / PIXTA)

年初の1万7000円近辺から駆け上がってきただけに、フシ目の水準に到達したことで、ひとまず利益を確定したいとの投資家心理が働いているようだ。

今のところ2万円をピークに息切れするとの見方は少ないが、3月期決算発表がまもなく本格化することもあり、当面はやや神経質な展開が予想される。

株式投資で利益を上げるには「安く買って高く売る」が基本。いずれ上昇が再開するなら、相場が一休みしている間は有望株探しの好機と言える。しかし、投資経験が浅いと、有望株をどうやって探すのかなど、戸惑うことも多いだろう。その場合、ほかの個人投資家の手法、考え方が気になるが、まずはデイトレーダーなどプロ級の投資家よりも、自分と「腕前」が大きく違わない投資家の方が参考になる。 

次ページ株式投資の醍醐味とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT