ケニア軍、過激派アルシャバーブの拠点空爆

大学襲撃事件を受けて報復

 4月6日、ケニア国軍(KDF)関係者が明らかにしたところによると、ソマリアにあるイスラム過激派組織「アルシャバーブ」の拠点2カ所を空爆した。ケニアでは先週、東部ガリッサで武装集団が大学を襲撃する事件が発生、アルシャバーブが犯行を認めている。写真は襲撃事件があった大学から救出された学生ら。3日撮影(2015年 ロイター/Goran Tomasevic)

[ナイロビ 6日 ロイター] - ケニア空軍は5日、ソマリアにあるイスラム過激派組織「アルシャバーブ」の拠点2カ所を空爆した。ケニアでは先週、東部ガリッサで武装集団が大学を襲撃する事件が発生、アルシャバーブが犯行を認めている。

ケニア国軍(KDF)関係者が6日明らかにしたところによると、ケニアと国境を接するゲド州にあるアルシャバーブの拠点を空爆した。

現地では雲が厚く見通しが悪いことから、ケニア軍がアルシャバーブの拠点に与えた損傷の程度や死者数など、詳しい状況は不明という。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT