ケニア軍、過激派アルシャバーブの拠点空爆

大学襲撃事件を受けて報復

 4月6日、ケニア国軍(KDF)関係者が明らかにしたところによると、ソマリアにあるイスラム過激派組織「アルシャバーブ」の拠点2カ所を空爆した。ケニアでは先週、東部ガリッサで武装集団が大学を襲撃する事件が発生、アルシャバーブが犯行を認めている。写真は襲撃事件があった大学から救出された学生ら。3日撮影(2015年 ロイター/Goran Tomasevic)

[ナイロビ 6日 ロイター] - ケニア空軍は5日、ソマリアにあるイスラム過激派組織「アルシャバーブ」の拠点2カ所を空爆した。ケニアでは先週、東部ガリッサで武装集団が大学を襲撃する事件が発生、アルシャバーブが犯行を認めている。

ケニア国軍(KDF)関係者が6日明らかにしたところによると、ケニアと国境を接するゲド州にあるアルシャバーブの拠点を空爆した。

現地では雲が厚く見通しが悪いことから、ケニア軍がアルシャバーブの拠点に与えた損傷の程度や死者数など、詳しい状況は不明という。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。