VTuber「サロメ嬢」起用したヤクルトCMの衝撃 木村拓哉が出演のCMがランキングの上位に

拡大
縮小

2月前期の作品別CM好感度調査では、木村拓哉と芦田愛菜が本人役で出演するリクルート『タウンワーク』のCMがナンバーワンとなった。ふたりが映画の撮影現場で語らうCMシリーズの第9弾で、「友達がバ先の先輩に告ろうとして」と話す芦田に木村が「バサキ?」と聞き返す場面から始まる。

木村は「バイト先も略すの?最近」と驚くも、黙り込む芦田を見て「今、自分はキムタクなのにって顔したよね」とツッコミを入れ「ちょっと思いました!」と返す芦田に苦笑するというもの。ふたりのコミカルなやり取りが引き続き好評で、タウンワークのCMとして通算7度目の首位に輝いた。

オープンハウスは木村が“地底人”を演じる新CMシリーズを放送し、第1弾CMが16位に入った。「便利地、好立地。OPEN HOUSE」と書かれた立て看板の下の地面から、毛で覆われた“モグラスーツ”を着た木村が姿を現し「やはり地上は存在していたんだ!」などと声を上げる。「あなた、地底人ですよね?」と彼を目撃した女子高校生(林芽亜里)に木村は「そういうあなたは地上人ですか?」と興味を示し、「良い土地ですね、ここ」とようやくたどり着いた地上で幸福を実感するストーリーだ。

「じゅうぶん、幸福って?」をコピーに、好奇心旺盛で冒険好きの地底人と女子高校生の交流を描くシリーズで、「地球に地上と地底があるように、幸福にも上とか下とかってあるんでしょうか」といった木村の語りで展開するCMもオンエア。2篇とも女性を中心に多くの支持を集めた。

木村が出演したこれらのCMは注目度の高いキャスティングはもちろん、木村と個性的な共演者との息の合った掛け合い、親しみやすいストーリーを通して、それぞれのブランドが持つ世界観や商品の魅力を視聴者に強く印象づけたようだ。

次ページ日本マクドナルドのCMが好調
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT