ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は24日から青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開した。これら3県では23日に玄関口まで届ける通常の宅配便サービスを再開したほか、同日に着払いや代金引換便を再開していた。これで時間指定便や単身引っ越し便、コンビニでの荷物の受発送を除くすべての宅配サービスが、これら3県で復旧したことになる。

青森県、秋田県、山形県では18日に直営店への荷物の持ちこみや、直営店からの荷物の発送を再開。秋田県下の秋田市、横手市、能代市、山形県下の山形市、天童市、米沢市、鶴岡市では先行して通常の集荷や配達も18日に再開したほか、20日からは秋田県下の潟上市でも通常の荷物受配送を再開していた。21日からは青森県下の青森市、弘前市、黒岩市、平川市、五所川原市、秋田県下の男鹿市、南秋田郡、山本郡の三種町や八峰町でも通常の集荷・配達を再開した。

東北地域のうち、これら3県以外の岩手県、宮城県、福島県では依然として営業所止めのサービスにとどまっているが、福島県下では23日に新たに8カ所での営業所止めサービスを開始した。24日にはさらに2カ所を追加し、依然閉店中なのはいわき市の四倉センター、相馬市の松川浦センター、双葉郡の3センター、南相馬市の原町南センターの計6カ所に減った。

ヤマト運輸は20日に茨城県全域での通常の宅配便サービスを再開。21日に営業所止めを含め東北6県での宅配便取扱を再開している。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT