ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は24日から青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開した。これら3県では23日に玄関口まで届ける通常の宅配便サービスを再開したほか、同日に着払いや代金引換便を再開していた。これで時間指定便や単身引っ越し便、コンビニでの荷物の受発送を除くすべての宅配サービスが、これら3県で復旧したことになる。

青森県、秋田県、山形県では18日に直営店への荷物の持ちこみや、直営店からの荷物の発送を再開。秋田県下の秋田市、横手市、能代市、山形県下の山形市、天童市、米沢市、鶴岡市では先行して通常の集荷や配達も18日に再開したほか、20日からは秋田県下の潟上市でも通常の荷物受配送を再開していた。21日からは青森県下の青森市、弘前市、黒岩市、平川市、五所川原市、秋田県下の男鹿市、南秋田郡、山本郡の三種町や八峰町でも通常の集荷・配達を再開した。

東北地域のうち、これら3県以外の岩手県、宮城県、福島県では依然として営業所止めのサービスにとどまっているが、福島県下では23日に新たに8カ所での営業所止めサービスを開始した。24日にはさらに2カ所を追加し、依然閉店中なのはいわき市の四倉センター、相馬市の松川浦センター、双葉郡の3センター、南相馬市の原町南センターの計6カ所に減った。

ヤマト運輸は20日に茨城県全域での通常の宅配便サービスを再開。21日に営業所止めを含め東北6県での宅配便取扱を再開している。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。