ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は24日から青森県、秋田県、山形県でクール便の取り扱いを再開した。これら3県では23日に玄関口まで届ける通常の宅配便サービスを再開したほか、同日に着払いや代金引換便を再開していた。これで時間指定便や単身引っ越し便、コンビニでの荷物の受発送を除くすべての宅配サービスが、これら3県で復旧したことになる。

青森県、秋田県、山形県では18日に直営店への荷物の持ちこみや、直営店からの荷物の発送を再開。秋田県下の秋田市、横手市、能代市、山形県下の山形市、天童市、米沢市、鶴岡市では先行して通常の集荷や配達も18日に再開したほか、20日からは秋田県下の潟上市でも通常の荷物受配送を再開していた。21日からは青森県下の青森市、弘前市、黒岩市、平川市、五所川原市、秋田県下の男鹿市、南秋田郡、山本郡の三種町や八峰町でも通常の集荷・配達を再開した。

東北地域のうち、これら3県以外の岩手県、宮城県、福島県では依然として営業所止めのサービスにとどまっているが、福島県下では23日に新たに8カ所での営業所止めサービスを開始した。24日にはさらに2カ所を追加し、依然閉店中なのはいわき市の四倉センター、相馬市の松川浦センター、双葉郡の3センター、南相馬市の原町南センターの計6カ所に減った。

ヤマト運輸は20日に茨城県全域での通常の宅配便サービスを再開。21日に営業所止めを含め東北6県での宅配便取扱を再開している。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。