イオンモールは被災地域の3SCで総合スーパー「イオン」のみ営業【震災関連速報】

イオンモールは被災地域の3SCで総合スーパー「イオン」のみ営業【震災関連速報】

イオンモールは東日本大震災に被災した地域のショッピングセンター(SC)3店で、一部限定営業を進めている。

22日現在、イオンモール盛岡(岩手県盛岡市前潟)、イオンモール名取エアリ(宮城県名取市杜せきのした)、イオンモール水戸内原(茨城県水戸市中原町字西)の3店舗は、核テナントの総合スーパー(GMS)「イオン」のみ営業している。

食品や生活必需品の供給のために、まずはGMSの復旧を優先させている格好だ。一部イオンはまだ臨時営業状態。ただし、盛岡と水戸内原の2店舗は、3月末をメドに、他のテナントも営業を再開したいとしている。

11日の東日本大地震で建物への損傷、たとえば入り口の自動ドアがゆがんで開かなかったり、店内でのタイルがはがれたりなどと、完全に復旧していない店舗もあるものの、電気系統や客の利用の際の安全は、施工ゼネコンと当社の建設担当者が現地で確認、修復工事の順番などを精査している。

イオンモールは4月5日に前2011年2月期決算の発表を予定している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。