宇部興産が日本で唯一生産する塗料系の副原料「MEKオキシム」の出荷を停止、川下産業へ影響出る可能性も【震災関連速報】

宇部興産が日本で唯一生産する塗料系の副原料「MEKオキシム」の出荷を停止、川下産業へ影響出る可能性も【震災関連速報】

宇部興産が日本メーカーとして唯一生産する化学品「MEKオキシム」の出荷が止まっている。東日本大震災の影響で原料調達に支障が出ているもようだ。22日時点で再開のメドは立っていない。

MEKオキシムは、メチルエチルケトン(MEK)と呼ぶ化学物質を原料としており、塗料系の副原料で主に油性塗料、合成樹脂塗料の皮張り防止剤として使われている。また、自動車の下塗り塗料(電着塗料)におけるブロッキング剤やシリコーンゴムの硬化剤などにも用いられる。宇部興産の販売先から、さらに川下のメーカーでさまざまな用途に使われているとみられる。

震災による直接・間接的な影響により、MEKの調達が困難になっているもようで、宇部興産は17日からMEKオキシムの出荷を止めた。順次、生産も停止。22日時点で再開のメドは立っていない。調達先などの詳しい情報について、宇部興産は明らかにしていないが、原料メーカーの被災や物流の混乱などが原料調達難の要因とみられる。

宇部興産におけるMEKオキシムの売上高は、年間10数億円。宇部興産の連結業績への直接的影響はさほど大きくない。

ただ、実はMEKオキシムの生産は世界的にプレーヤーが少なく、宇部興産以外の主なメーカーは米国ハネウェルや欧州系のDSMぐらいしかない。事実上、日本で唯一の生産拠点が機能停止に陥っていることから、MEKオキシムを使う産業や企業に影響が及ぶ可能性が出ている。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT