「Q」が首位堅守!スマホアプリの最新序列

超シンプルなパズルゲームが快走中

次にゲーム以外のアプリケーションカテゴリについてみていこう。ダウンロード数でも売り上げでも首位はLINE。これは10月、11月、今年1月と同じだ。すでに別格の存在といっていい。

先月は続く2位にサイバーエージェントの子会社7gogoが運営するコミュニケーションアプリ「755」があった。2014年2月にサービスインしているが、年末にテレビCMを集中投下したことで、大きくダウンロードを伸ばした。しかし、2月のランキングからは姿を消してしまった。

プラットフォーム系アプリが強い

そのかわりに強みを発揮しているのが、ユーチューブ、ツイッター、ヤフー、アマゾン、フェイスブックなど巨大サイトの公式アプリ。アップルのスマホアプリも好調だ。

売り上げランキングをみると、ここでも強いのはLINEだ。LINE、LINEマンガ、LINEプレイの"LINE御三家"が上位を独占しており、この構図はAppAnnieがこのランキングの公表を始めた昨年7月以来、変わっていない。

順位変動は、ゲームアプリ以上に小さく、顔ぶれは大きくは変わっていない。カテゴリのジャンルは、ほぼ「マンガ系」「出会い系」だ。

出会い系の2強は、ミクシィがLINEから買収したワイワイシーと、エウレカが運営するペアーズである。

そうした中で異色なのは、トップ10の常連になっているクックパッドだろう。

クックパッドは月280円の有料でプレミアム会員になると、さまざまな便利機能を使うことができる。人気順に表示できる、デイリーアクセス数が分かるほか、「お気に入り」として保存しておけるレシピ件数を拡大(無料は20件まで、有料は3000件まで)できるなど、十分に元が取れそうな便利機能がある。

今後、こうした特徴のあるアプリが次々に生まれてくることだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT