中部電力、この時期に社長交代の理由とは?

東電アライアンスなど具体化へ加速

3月24日、中部電力は名古屋市内で社長交代を発表した。左から新社長に就任する勝野哲副社長、中央が相談役に退く三田敏雄会長、右が会長に就任する水野明久社長

中部電力は3月24日午後、水野明久社長が2010年から5年間務めた社長職を譲り、後任に勝野哲副社長を充てる人事を発表した。正式には6月開催予定の株主総会後の取締役会で決定する。三田敏雄会長は相談役に退く。

4年ぶりの黒字回復が確実に

水野社長は就任1年目の2011年、東京電力福島第一原発事故を受けた政府の要請に沿い、同社唯一の原子力発電所である静岡県御前崎市の浜岡原発4、5号機を停止。以来、3年連続の赤字決算に陥るなど難局に直面していた。

一方で電力システム改革を見据え、三菱商事からの新電力会社買収などをてこに関東への進出を加速。東京電力と燃料調達などで全面的に提携する「アライアンス」合意にこぎつけ、今年4月には新会社が発足、電気料金値上げと経営効率化による4年ぶりの黒字回復も確実な見通しだった。

次ページこの時期でのトップ交代の理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。