中部電力、この時期に社長交代の理由とは?

東電アライアンスなど具体化へ加速

会見で水野社長は「いろんな課題があったが、次の成長につなげる布石を打つことができた。今後はそれを具体的に実行する段階で、新しいリーダーが会社を引っ張るのにふさわしいタイミングとなった」と、この時期でのトップ交代の理由を語った。

昨年末ごろから三田会長と来期の体制を話し合う中で勝野副社長の昇格構想が持ち上がり、最終的に水野社長が決断したのは「1カ月ほど前の2月下旬ごろ」だったという。

水野社長より1年早い1977年に入社、工務部畑を歩み、2013年から副社長兼経営戦略本部長として「まさに社長の右腕」(三田会長)となっていた勝野副社長は「話があったときは大変驚き、自分でいいのかと迷ったが、少しでも役に立てればと1週間後に引き受ける返事をした。エネルギー需要を取り巻く環境が変わる中で、電力改革への対応や東電とのアライアンスをはじめとする成長戦略の実現に着実に努力したい」と抱負を述べた。

これまでの路線踏襲を強調

浜岡原発については「原子力発電そのものは日本のエネルギー供給にとって重要な電源で、活用することは必要。その前提として安全性向上をしっかりと取り組みたい」と、これまでの路線踏襲を強調した。

東電アライアンスについて、水野社長は「新会社設立に向け、詰めの段階にある」とした上で、「今回の社長交代の影響はまったくない」と言い切る。内外には唐突に映る名古屋の人事は、東京までの線路を周到に敷いた上でのゴーサインだったようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT