元宝塚トップ「望海風斗」下積み時代の葛藤と転機 全員エリートの中でたどり着いたトップへの道

拡大
縮小
望海風斗
宝塚の元男役トップスターから女優へと転身した望海風斗さん(撮影:岩村美佳)
「東大に入るより難しい」ともいわれる宝塚音楽学校。その狭き門をくぐって宝塚歌劇団に入り、さらにその頂点であるトップスターになれるのは、才能と努力に加え抜群のスター性を兼ね備えた、選ばれし者のみだ。
2003年に宝塚に入団し、2017年から約3年9カ月の間、雪組男役トップをつとめた女優・望海風斗(のぞみ・ふうと)さん。宝塚屈指の歌唱力を持ち味に人気を集めたが、そんな彼女でもトップスターへの道は険しかったと明かす。頂点を目指す迷いと覚悟、道を開いた転機、トップ就任後に心がけたリーダーシップやチームマネジメントなどの秘話や、退団後の思いを聞いた。

難関校に入ってみれば全員エリート

子供の頃、当時月組トップスターだった女優・天海祐希さんに憧れて宝塚を夢見た望海さん。2001年に19.5倍の競争倍率を勝ち抜いて宝塚音楽学校に合格し、2003年入団時は次席という“エリート街道”を歩んできたが、実際には挫折も多かったという。

「入る前は天海さんのようにいつか真ん中に立つトップスターになりたいという夢を持っていましたが、実際に宝塚に入って周りを見渡してみると、そう思っている人しかいない、という状況でした。すごく踊れる子や歌える子、お人形のようなスタイルの持ち主もいて、トップになるってすごく難しいことなんだ、と現実を知りました。

しかも実際に男役をやってみると、自分が頭で思い描いていた男役像とは程遠くて……。舞台に立てば憧れのスターさんと一緒に歌ったり踊ったりすることはすごく楽しいんですけど、一方でカッコ良くない自分が嫌で、何になりたいのか分からないような状態が続きました」

最初の大きな壁は「新人公演の主役」だった。新人公演は宝塚の育成システムの一つで、本公演の演目を東西1公演ずつ、入団7年目以下の生徒だけで上演するもの。若手の実力を測る試金石であり、スターへの登竜門でもある。歴代のトップスターはほぼ全員がこの「新人公演の主役」を経ており、天海祐希は入団1年目で主役に抜擢されている。

「新人公演で主役をやらなければ次に進めない。(配属された)花組はスターさんが揃っていて、その中で自分が主役をやることができるんだろうか、という不安がありました。それでもやりたい、という思いが強くなってからは、どうしたら選ばれるのかということをものすごく考えるようになりました」

次ページ毎年40〜50人の生徒が辞めていく厳しい世界
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT