オートバックスは東北や関東の一部店舗で営業休止が続く、千葉の物流センターも被災【震災関連速報】

オートバックスは東北や関東の一部店舗で営業休止が続く、千葉の物流センターも被災【震災関連速報】

カー用品販売店大手のオートバックスは、東北と関東の一部地域の計55店と、東日本の物流センター(千葉県市川市)が東日本大震災で被災した。

被害の軽かった店舗は順次営業を再開しているものの、17日午後時点でまだ21店が営業を休止した状態だ。また、FCや子会社全店とは安否確認がとれたものの、一部従業員とは1週間近く経った今も連絡がついていない。

東日本をカバーする物流センターは現在も復旧のめどがついておらず、当面は西日本の物流センター(兵庫県三木市)で国内の全物流をまかなう。

オートバックスは赤十字を通じて1億円を寄付するほか、自動車から電源を取る携帯電話の充電ソケット3.9万個を提供するとしている。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。