裾野・保育園1歳児「虐待」あまりに酷い5つの問題 15例の不適切行動の背景には一体何があるのか

拡大
縮小

これまで問題が起きるたびに声があがっていたのは、保育現場の可視化。しかし、「監視カメラを取り付けて事件や事故から園児を守ろう」という意見があがるものの、「現場からネガティブな反応が出て進まない」という現実がありました。つまり、「監視カメラがある中で働くのは抵抗がある」ということでしょう。

ただ、監視カメラは街頭カメラやドライブレコーダーなどと同じで、常に誰でも見られるものではなく、「何らかのトラブル時のみに見るものとする」などの落としどころも考えられます。また、監視カメラによって守られるのは園児だけではなく、保育士も同様。健全な保育環境であることをアピールできるとともに、何らかの事故が起きたときに保育士を守る証拠映像にもなりえるものです。

性善説だけで済ませてはいけない

振り返ると今年9月、同じ静岡県の認定こども園で園児のバス置き去り事件がありましたが、そのときも監視カメラの必要性が叫ばれていました。セーフティファーストの観点であれば、そろそろ動かなければいけない時期なのかもしれません。

そのうえで子どもを預けている保護者たちも、できる限りの自衛策を講じたほうがいいでしょう。たとえば、子どもを預けるときと迎えのときに、表情や体をよく観察しておく。あるいは、「行きたくない」と言ったときに突き放さず、しっかり話を聞く。さらに、クラスを越えて保護者同士のつながりを持ち、情報を共有するなどは今すぐできる対策の1つです。

もちろん日本全国の保育園と、そこに務める保育士は適切な保育をしているので、必要以上に疑うことは園児たちにとって逆効果になりかねず注意が必要でしょう。それでもリスクがゼロではない限り、子どもたちを守るためには、「性善説だけで済ませてはいけない」ことも確かではないでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT