ヘンリー英王子、軍務終了を決断へ

「過去10年間で培った経験はずっと残る」

3月17日、英王室のヘンリー王子(写真右)は今年6月に英軍から除隊すると明らかにした。写真は13日撮影(2015年 ロイター/Toby Melville)

 [ロンドン 17日 ロイター] - 英王室のヘンリー王子(30)は17日、今年6月に英軍から除隊すると明らかにした。王子はアフガニスタン前線での任務を含め、10年間にわたり軍務を続けてきた。

ヘンリー王子は軍務を終えることについて「本当に難しい決断だった」と述べた。「過去10年間で培った経験は自分の中にずっと残る」とし、「非常に感謝している」と語った。

今後については複数の選択肢を検討中で、「本当に楽しみにしている」とした。

ヘンリー王子は2007年末にアフガニスタンに派遣され、その後、攻撃型ヘリ「アパッチ」の操縦士として12年9月から13年1月にかけて再び同国での任務に就いた。昨年からは事務職として勤務していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT