ヘンリー英王子、軍務終了を決断へ

「過去10年間で培った経験はずっと残る」

3月17日、英王室のヘンリー王子(写真右)は今年6月に英軍から除隊すると明らかにした。写真は13日撮影(2015年 ロイター/Toby Melville)

 [ロンドン 17日 ロイター] - 英王室のヘンリー王子(30)は17日、今年6月に英軍から除隊すると明らかにした。王子はアフガニスタン前線での任務を含め、10年間にわたり軍務を続けてきた。

ヘンリー王子は軍務を終えることについて「本当に難しい決断だった」と述べた。「過去10年間で培った経験は自分の中にずっと残る」とし、「非常に感謝している」と語った。

今後については複数の選択肢を検討中で、「本当に楽しみにしている」とした。

ヘンリー王子は2007年末にアフガニスタンに派遣され、その後、攻撃型ヘリ「アパッチ」の操縦士として12年9月から13年1月にかけて再び同国での任務に就いた。昨年からは事務職として勤務していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。