ヘンリー英王子、軍務終了を決断へ

「過去10年間で培った経験はずっと残る」

3月17日、英王室のヘンリー王子(写真右)は今年6月に英軍から除隊すると明らかにした。写真は13日撮影(2015年 ロイター/Toby Melville)

 [ロンドン 17日 ロイター] - 英王室のヘンリー王子(30)は17日、今年6月に英軍から除隊すると明らかにした。王子はアフガニスタン前線での任務を含め、10年間にわたり軍務を続けてきた。

ヘンリー王子は軍務を終えることについて「本当に難しい決断だった」と述べた。「過去10年間で培った経験は自分の中にずっと残る」とし、「非常に感謝している」と語った。

今後については複数の選択肢を検討中で、「本当に楽しみにしている」とした。

ヘンリー王子は2007年末にアフガニスタンに派遣され、その後、攻撃型ヘリ「アパッチ」の操縦士として12年9月から13年1月にかけて再び同国での任務に就いた。昨年からは事務職として勤務していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。