中国が兵器輸出でドイツ抜き世界3位に

ストックホルム国際平和研究所調べ

3月16日、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が発表した兵器取引に関する報告書によると、中国が兵器輸出国としてドイツを抜いて世界3位になった。写真は中国人民解放軍の戦車。1月撮影(2015年 ロイター/China Daily)

[北京 16日 ロイター] スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が16日発表した兵器取引に関する報告書によると、中国が兵器輸出国としてドイツを抜いて世界3位になった。1位は米国、2位はロシアだった。

SIPRIによると、2010─14年の中国の兵器輸出量は、05─09年と比べて143%増加した。05─09年は、中国は世界9位の輸出国だった。

10─14年の中国の輸出取引のうち、68%以上がパキスタン、バングラデシュ、ミャンマーとの取引だった。中国はアフリカの18カ国にも輸出したという。

一方、10─14年の中国の兵器輸入量は、05─09年と比べて42%減少した。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?