有料会員限定

変貌する「クリエイターエコノミー」の巨大市場 YouTuberなどが創出、1兆円超の新たな経済圏

✎ 1〜 ✎ 59 ✎ 60 ✎ 61 ✎ 最新
拡大
縮小

有力機関による調査・研究リポートからビジネスに役立つ4つのトピックをえりすぐり、そのエッセンスを紹介。

①急拡大するクリエイターエコノミー
国内市場規模は推計1.3兆円

・三菱UFJリサーチ&コンサルティング「国内クリエイターエコノミーに関する調査結果」(2022年10月17日)

・三菱UFJリサーチ&コンサルティング 経営コンサルティングビジネスユニット 経営コンサルティング第1部

マイクとカメラを前に動画撮影する男性
YouTuberは子どものなりたい職業の1つ。中高年層でもクリエイター活動への関心が高まっている(写真:PIXTA)

YouTubeなどのプラットフォームを通じてコンテンツやスキルを提供するクリエイターが増加中だ。その活動を支援するサービスも多数登場。クリエイターをめぐる経済圏が急拡大し、三菱UFJリサーチ&コンサルティングとクリエイターエコノミー協会は国内市場規模(2021年)を1兆3574億円と推計する。

従来クリエイターはコンテンツにひも付く広告で収益化を図るケースが多かった。近年は、限定的な範囲のユーザーを対象にコンテンツやモノを直接販売したり、ファンコミュニティーを構築して課金したりするプラットフォームが登場したことにより、クリエイターの「活動の場」と「収益源」が多様化している。一方で、コロナ禍の長期化に伴い「おうち時間」が増えたことで、ユーザー側のコンテンツ消費量も拡大している。

国内のクリエイター数は約822万人。6割が収入を得ているとみられ、専業クリエイターは半数近くが毎月20万円以上を稼いでいる。10〜30代のデジタルネイティブ世代を中心に、潜在クリエイターは2200万人に上るとみられ、クリエイターエコノミーは経済成長のエンジンとなる可能性を秘めている。

②カナダが打ち出したAI国家戦略
人材養成とエコシステム構築を推進

・KDDI総合研究所「AI研究のハブとして浮上するカナダのAI戦略」(2022年10月)

・KDDI総合研究所 リサーチフェロー 林 イラン (https://rp.kddi-research.jp/article/RA2022020

次ページ2段階に分かれるAI戦略
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内