ダルビッシュ、右肘手術実施で今季絶望

「トミー・ジョン手術」を17日に実施

右肘のじん帯修復手術を受けることが決まり、今季絶望となったと発表した。米アリゾナ州サプライズで4日撮影(2015年 ロイター/Rick Scuteri-USA TODAY Sports)

[13日 ロイター] 米大リーグ(MLB)レンジャーズは13日、エースのダルビッシュ有投手(28)が右肘のじん帯修復手術を受けることが決まり、今季絶望となったと発表した。

ダルビッシュはキャンプで5日に先発登板したが、1回を投げて上腕三頭筋の張りを訴えて降板。翌日の検査の結果、右肘の内側側副じん帯を損傷していることがわかった。

手術は「トミー・ジョン手術」と呼ばれるもので、17日にフロリダの病院で行われる予定。施術後はアリゾナのキャンプ地に戻り、リハビリを開始する。

ダルビッシュはレンジャーズでの3シーズンで39勝25敗、防御率3.27の成績を残していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT