ディズニー発表、「アナ雪」の続編とは?

監督は同じ2人で続編の製作を開始

3月12日、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディスニーは、アニメ映画「アナと雪の女王」の続編の製作を開始したことを明らかにした。写真は「アナと雪の女王」のグッズ売り場。ニューヨーク・タイムズスクエアのトイザラスで2014年11月撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディスニーは12日、アニメ映画「アナと雪の女王」の続編の製作を開始したことを明らかにした。監督は引き続きクリス・バックとジェニファー・リーで、公開日は未定。第1作は、興行収入が世界で13億ドルを記録した。

同社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセター氏は「われわれは『アナ雪フィーバー』と、その世界に戻れたことをとても楽しんでいる」と述べ、「監督2人は続編の素晴らしいアイデアを持っている」と話した。

ディスニーはさらに、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの第8作を2017年5月26日に公開することも発表。第7作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(J・J・エイブラムス監督)は既に、今年12月18日の公開が決定している。

同社は今回、2016年12月16日にスター・ウォーズ初のスピンオフ映画「ローグ・ワン」を公開することも明らかにした。出演はアカデミー賞主演女優賞候補に挙がった英女優フェリシティ・ジョーンズら。監督は映画「GODZILLA ゴジラ」でメガホンを取ったギャレス・エドワーズ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。