ディズニー発表、「アナ雪」の続編とは?

監督は同じ2人で続編の製作を開始

3月12日、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディスニーは、アニメ映画「アナと雪の女王」の続編の製作を開始したことを明らかにした。写真は「アナと雪の女王」のグッズ売り場。ニューヨーク・タイムズスクエアのトイザラスで2014年11月撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディスニーは12日、アニメ映画「アナと雪の女王」の続編の製作を開始したことを明らかにした。監督は引き続きクリス・バックとジェニファー・リーで、公開日は未定。第1作は、興行収入が世界で13億ドルを記録した。

同社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセター氏は「われわれは『アナ雪フィーバー』と、その世界に戻れたことをとても楽しんでいる」と述べ、「監督2人は続編の素晴らしいアイデアを持っている」と話した。

ディスニーはさらに、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの第8作を2017年5月26日に公開することも発表。第7作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(J・J・エイブラムス監督)は既に、今年12月18日の公開が決定している。

同社は今回、2016年12月16日にスター・ウォーズ初のスピンオフ映画「ローグ・ワン」を公開することも明らかにした。出演はアカデミー賞主演女優賞候補に挙がった英女優フェリシティ・ジョーンズら。監督は映画「GODZILLA ゴジラ」でメガホンを取ったギャレス・エドワーズ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。