ディズニー発表、「アナ雪」の続編とは?

監督は同じ2人で続編の製作を開始

3月12日、米メディア・娯楽大手ウォルト・ディスニーは、アニメ映画「アナと雪の女王」の続編の製作を開始したことを明らかにした。写真は「アナと雪の女王」のグッズ売り場。ニューヨーク・タイムズスクエアのトイザラスで2014年11月撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディスニーは12日、アニメ映画「アナと雪の女王」の続編の製作を開始したことを明らかにした。監督は引き続きクリス・バックとジェニファー・リーで、公開日は未定。第1作は、興行収入が世界で13億ドルを記録した。

同社のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセター氏は「われわれは『アナ雪フィーバー』と、その世界に戻れたことをとても楽しんでいる」と述べ、「監督2人は続編の素晴らしいアイデアを持っている」と話した。

ディスニーはさらに、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの第8作を2017年5月26日に公開することも発表。第7作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(J・J・エイブラムス監督)は既に、今年12月18日の公開が決定している。

同社は今回、2016年12月16日にスター・ウォーズ初のスピンオフ映画「ローグ・ワン」を公開することも明らかにした。出演はアカデミー賞主演女優賞候補に挙がった英女優フェリシティ・ジョーンズら。監督は映画「GODZILLA ゴジラ」でメガホンを取ったギャレス・エドワーズ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT