日本医師会が災害医療チームJMATを組織。東日本大震災被災地に本格派遣へ

日本医師会が災害医療チームJMATを組織。東日本大震災被災地に本格派遣へ

日本医師会が東日本大震災の被災地に派遣する災害医療チーム「JMAT」(ジェイマット)の詳細が明らかになった。3月16日午後1時の緊急会見での発表によれば、「医師1人、看護職員2人、事務職員(運転手)1人」の計4人(一例)で構成される災害医療チームを、岩手県、宮城県、福島県、茨城県内の被災地に派遣。被災地の病院や診療所の日常診療への支援、避難所や救護所における医療に従事する。すでに、数チームが現地で活動している。

JMATの派遣期間は3日~1週間をメドとする。費用については災害救助法などに基づく対応が講じられるほか、当面、日医が100万円の費用を負担。日医は民間保険会社と保険加入を取り付けた。全日本病院協会や日本薬剤師会とも連携。チームには薬剤師も参加する。

記者会見で日医の羽生田俊副会長は、「日本医師会の組織の総力を挙げて取り組む。目標とする約100チームが3日間支援を行った場合、1カ月継続することで延べ1000チームが現地で活動することになる。できる限り長く支援を続けたい」と話した。
(岡田 広行 =東洋経済オンライン)
写真は原中勝征・日本医師会会長

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。