日本ハムは山形工場の操業を再開、首都圏向けに関西からの商品供給も開始【震災関連速報】

日本ハムは山形工場の操業を再開、首都圏向けに関西からの商品供給も開始【震災関連速報】

日本ハムは、東日本巨大地震の影響で生産を一時停止していた2工場で操業を再開した。

ハム・ソーセージを製造する山形工場(山形県酒田市)は、11日の震災直後に生産が止まっていたが13日に操業を再開。その他の食肉加工品を製造する日本ハム食品関東プラントも一部で稼働を再開した。

ただ、首都圏向けの「シャウエッセン」や「森の薫り」などを生産する同社最大の茨城工場(茨城県築西市)はいまだ再開のメドが立っていない。現在、西日本拠点からハム・ソーセージの供給を行うなどの対策を採っている。
 
(麻田 真衣 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT