日本ハムは山形工場の操業を再開、首都圏向けに関西からの商品供給も開始【震災関連速報】

日本ハムは山形工場の操業を再開、首都圏向けに関西からの商品供給も開始【震災関連速報】

日本ハムは、東日本巨大地震の影響で生産を一時停止していた2工場で操業を再開した。

ハム・ソーセージを製造する山形工場(山形県酒田市)は、11日の震災直後に生産が止まっていたが13日に操業を再開。その他の食肉加工品を製造する日本ハム食品関東プラントも一部で稼働を再開した。

ただ、首都圏向けの「シャウエッセン」や「森の薫り」などを生産する同社最大の茨城工場(茨城県築西市)はいまだ再開のメドが立っていない。現在、西日本拠点からハム・ソーセージの供給を行うなどの対策を採っている。
 
(麻田 真衣 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。