東洋製罐は仙台と石岡の2工場が操業停止、地震関連の対策本部を設置し被害の詳細を究明【震災関連速報】

東洋製罐は仙台と石岡の2工場が操業停止、地震関連の対策本部を設置し被害の詳細を究明【震災関連速報】

飲料缶やPETボトルの製造大手、東洋製罐は、東日本大震災の影響を受けて仙台工場(宮城県仙台市宮城野区港)と石岡工場(茨城県石岡市柏原)が被害を受け、操業を停止している。

13日から対策本部を立ち上げ、従業員を含めた工場被害の詳細を調査中。が、現時点で工場の再開メドはおろか、従業員の安否確認も完了していないようだ。東洋経済の取材に対し会社側は「現時点で発表された以上の事は話せない」としている。

被災があった2工場は缶詰用空缶やPETボトルを製造していた。今後、操業停止が長引いたり、操業が再開したとしても物流の混乱などによって円滑に供給できなかったりすれば、納入先メーカーに悪影響を及ぼす懸念も出てきかねない。

仙台市宮城野区ではキリンビールの仙台工場をはじめとする工場密集地帯が、地震後の津波で甚大な被害を受けたことから、この地区に位置する東洋製罐の仙台工場も大きな被害を受けた可能性が高い。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT