東洋製罐は仙台と石岡の2工場が操業停止、地震関連の対策本部を設置し被害の詳細を究明【震災関連速報】

東洋製罐は仙台と石岡の2工場が操業停止、地震関連の対策本部を設置し被害の詳細を究明【震災関連速報】

飲料缶やPETボトルの製造大手、東洋製罐は、東日本大震災の影響を受けて仙台工場(宮城県仙台市宮城野区港)と石岡工場(茨城県石岡市柏原)が被害を受け、操業を停止している。

13日から対策本部を立ち上げ、従業員を含めた工場被害の詳細を調査中。が、現時点で工場の再開メドはおろか、従業員の安否確認も完了していないようだ。東洋経済の取材に対し会社側は「現時点で発表された以上の事は話せない」としている。

被災があった2工場は缶詰用空缶やPETボトルを製造していた。今後、操業停止が長引いたり、操業が再開したとしても物流の混乱などによって円滑に供給できなかったりすれば、納入先メーカーに悪影響を及ぼす懸念も出てきかねない。

仙台市宮城野区ではキリンビールの仙台工場をはじめとする工場密集地帯が、地震後の津波で甚大な被害を受けたことから、この地区に位置する東洋製罐の仙台工場も大きな被害を受けた可能性が高い。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT