東洋製罐は仙台と石岡の2工場が操業停止、地震関連の対策本部を設置し被害の詳細を究明【震災関連速報】

東洋製罐は仙台と石岡の2工場が操業停止、地震関連の対策本部を設置し被害の詳細を究明【震災関連速報】

飲料缶やPETボトルの製造大手、東洋製罐は、東日本大震災の影響を受けて仙台工場(宮城県仙台市宮城野区港)と石岡工場(茨城県石岡市柏原)が被害を受け、操業を停止している。

13日から対策本部を立ち上げ、従業員を含めた工場被害の詳細を調査中。が、現時点で工場の再開メドはおろか、従業員の安否確認も完了していないようだ。東洋経済の取材に対し会社側は「現時点で発表された以上の事は話せない」としている。

被災があった2工場は缶詰用空缶やPETボトルを製造していた。今後、操業停止が長引いたり、操業が再開したとしても物流の混乱などによって円滑に供給できなかったりすれば、納入先メーカーに悪影響を及ぼす懸念も出てきかねない。

仙台市宮城野区ではキリンビールの仙台工場をはじめとする工場密集地帯が、地震後の津波で甚大な被害を受けたことから、この地区に位置する東洋製罐の仙台工場も大きな被害を受けた可能性が高い。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?