デ杯1回戦、日本はカナダ相手に1勝2敗

8日のシングルス2試合で逆転なるか

添田・内山組はカナダに競り負けた

[7日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス・カップ(杯)ワールドグループは7日、各地で1回戦を行い、日本はダブルスで敗れ、バンクーバーでカナダ相手に1勝2敗となった。

日本の添田豪、内山靖崇組はダニエル・ネスター、バセク・ポシュピシル組に5―7、6―2、3―6、6―3、3―6で競り負けた。

8日のシングルスでは錦織圭がミロシュ・ラオニッチ、伊藤竜馬がポシュピシルと対戦する予定。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT