デ杯1回戦、日本はカナダ相手に1勝2敗

8日のシングルス2試合で逆転なるか

添田・内山組はカナダに競り負けた

[7日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス・カップ(杯)ワールドグループは7日、各地で1回戦を行い、日本はダブルスで敗れ、バンクーバーでカナダ相手に1勝2敗となった。

日本の添田豪、内山靖崇組はダニエル・ネスター、バセク・ポシュピシル組に5―7、6―2、3―6、6―3、3―6で競り負けた。

8日のシングルスでは錦織圭がミロシュ・ラオニッチ、伊藤竜馬がポシュピシルと対戦する予定。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。