デ杯1回戦、日本はカナダ相手に1勝2敗

8日のシングルス2試合で逆転なるか

添田・内山組はカナダに競り負けた

[7日 ロイター] - 男子テニスの国別対抗戦、デビス・カップ(杯)ワールドグループは7日、各地で1回戦を行い、日本はダブルスで敗れ、バンクーバーでカナダ相手に1勝2敗となった。

日本の添田豪、内山靖崇組はダニエル・ネスター、バセク・ポシュピシル組に5―7、6―2、3―6、6―3、3―6で競り負けた。

8日のシングルスでは錦織圭がミロシュ・ラオニッチ、伊藤竜馬がポシュピシルと対戦する予定。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。